利用時の注意点 | クレジットカード現金化をするときは業者ごとの換金率に注目

利用時の注意点

「利用時の注意点」のイメージ画像です。

クレジットカードのショッピング枠を使っておこなう現金化であれば、身近な人に知られることなく現金を用意することができます。
申込みや手続きなど、すべてをネット上でできるのも魅力的で、みなさんがどこかの窓口へ行くなどをする必要は一切ありません。
簡単に言えば購入した商品を買い取ってもらったというだけの話ですので、カードローンなどのように面倒な審査・手続きもありません。
申込みさえすれば、その日のうちに現金を用意できるでしょう。

ただ、クレジットカード現金化を使って現金を用意する場合、注意しなければいけないことがいくつかあります。
まず、先ほども言ったように、ショッピング枠には上限があります。
その上限を越えた買い物はできません。
必要な金額から逆算して、35万円の買い物をすればいいとしても、ショッピング枠の上限額が30万円なのであればその買い物はできないのです。
クレジットカードを使ってネットでの買い物をする、というカタチになるため、ショッピング枠の限度内でしか利用できない点は通常の買い物と同じです。

また、クレジットカード現金化は無償で現金を用意できるサービスではありません。
結果的に商品を買い取ってもらったにしても、1度クレジットカードを使って商品の購入自体は済ませています。
買い物をしただけですので利子などはないですが、クレジットカードの請求はしっかり来るので注意しましょう。
あくまでも緊急事態を回避するための一時的な手段に過ぎないのです。